大五郎番茶の収穫

霜が降りるほど冷えた冬の1日に、 白い息を吐きながら収穫した自然栽培の茶葉。盟友中村君と一緒に、寒い寒いと言いながら、頑張りました。僕ら二人は、父親。妻と子供が安心して飲めるお茶を作れる喜び、大いに感じています。

 IMG 0173

赤ちゃん番茶

今回も加工は、和束町の中井製茶工場さんにお願いしました。僕らのお茶は、一般的に言うところの、京番茶。京都では、赤ちゃんでも安心して飲めると言うことから、赤ちゃん番茶と呼ぶそうです。カフェインが少なく、妊婦さんや幼児にも安心して飲んでいただけます。

IMG 0484

 

そんな僕らは子連れ侍

なんで、大五郎番茶って言うの??ってよく聞かれるんですが、それは、やっぱりそういうことでしょと言うことで。大五郎といえば、茶〜!でしょ。。。と言うことで(汗)

カフェインが少なくて、 乳幼児や妊婦さんにも安心して飲んでいただける、 赤ちゃん番茶です。 親が子を思いやる、 その気持ちを表して、 大五郎番茶と名付けました。