【プレミアムオーガニック】清一郎煎茶



奈良の山奥、寒暖の差が大きい大和高原で生きた茶葉から丁寧に作られた煎茶が、悠三堂の清一郎煎茶。標高500メートルほどの高地で、肥料も農薬も使わずに栽培されたお茶は自然そのもの。お茶の葉が持つ、柔らかくて、優しくて、すっきりとした味わいがカラダとこころに広がります。

ゆっくりと育つ最も遅い煎茶。

奈良県の山奥。標高500メートルの大和高原にある、上深川町。日本で最も新茶が遅い地域の一つで栽培されています。一般的な産地の新茶の収穫が始まる場所より1ヶ月ほど遅く、新茶の季節が始まるのが5月の後半。人為的な肥料を一切使用しないため、お茶の産地よりも約1ヶ月ほど遅く、ゆっくりと太陽の光を浴びながら、地球の精を吸って、豊かに芽吹きます。

ほのかな甘味と優しさ、スッキリとした後味。

 悠三堂の清一郎煎茶は、無農薬・無肥料で栽培されているので、肥料による旨味や農薬による苦味が少なく、お茶の葉がもつ本来の爽やかな甘味とスッキリとした後味が楽しめる高級煎茶です。

清一郎煎茶の品種「やぶきた」と「さやまかおり」

清一郎煎茶は「やぶきた」と「さやまかおり」の2つの品種のお茶をブレンドして作っております。

やぶきた

やぶきたは、うま味と甘味、渋味、苦味の4つの要素をもっともバランス良く取れている品種はです。外観も綺麗で、高品質の「やぶき た」は日本の山を思わせる馥郁たる香りが立ちます。

さやまかおり

さやまかおりは、新芽が揃って針のように伸びる姿がユニークな品種です。うま味が少なく、爽やかな渋味と品種の香りが特徴です。 ほのかな甘さが感じられる奈良の高原に適した品種です。

安心の有機認証